FC2ブログ
スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
初テレクラ

2005-04-30 21:29
投稿:撃沈君様
もうかれこれ7.8年近く前のころ・・・
俺と竜二はとても仲良く女遊びも沢山経験。
ある日、二人で朝方流川通りを歩いている時竜二が「女いきてぇ?」と。
しかし、もうすぐ夜が明けてこようかというときに歩いている女なんか
いるわけもなく二人でどうしようどうしよう・・・
そんな時、目の前にまだチカチカランプが点灯しているお店があった。
"ラスベガス"だ。当時はテレクラなど未経験だった為
店の前でもどうしようどうしよう・・・ 結局勇気を出して入る事に・・・
実際入ってみると想像していた店内と違いなかなか綺麗だ!
料金はどのくらいか忘れたがただでAVがみれるのかぁ
ラッキーと思いながらビデオを借りて二人別々に早取りの部屋へ・・・
さすがに朝方。なかなかコールが無い。
店員さんも朝方はあまりコールは無いと言っていた、
でも確率は高いョ!!!と。

さぁ電話が鳴った。
もちろん受話器は上げたままにして足の指でフックを押した状態にしながら
AVを見ていたのだから、コールがなった瞬間に足の指を離すだけでOK!!!
もちろん早取りNo1だ!
「もしもし」・・・(3秒後に)「もじもじ」⇒ばばぁかょ・・・
あえなく初コールは5秒というあっという間に終わってしまった。。。
ここから初テレクラの激闘が始まる・・・

一気に書くの疲れました 次回へ・・・

[初テレクラ 続き・・・]
あえなく初コールは5秒というあっという間に終わってしまった。。。
その後、何回かコールが鳴るがコンマ何秒かの差で取れず・・・
やっと取れた!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・|・∀・)・∀・)…って思ったら
またばばぁかょ。。。
まぁこんな朝早くからだからしょうがないか。。。
あっ、竜二の様子を見に行ってみょ!
(竜二のいる隣の部屋に無理やり入る。)
何やら楽しそうに話している様子・・・( ゚ー゚)
「何時に待ち合わせする???」
ま、待ち合わせ?既にそんなところまで話が進んでたのか。
急いで竜二に「誰か友達誘ってきて」と言わせ、2対2で遊ぼうとしたのだ。
女の子はすんなりOK!
マジか、ラッキー!

それで満足した二人は時間がまだあるにもかかわらず店を出る。
・・・ 約束の時間だ。
待ち合わせ場所の幟町のミスド前まで二人で行きしばらく待っていると、
あっかわいい。。。と思った瞬間向こうから「竜二君???」
うそー!あんな可愛い子がぁ・・・即座にみんな打ち解けすぐに仲良くなった。
どうやら向こうも二人で暇つぶしがてら電話してたらしいが
なかなか気があったという事とたまたま二人でいたので
来る事にしたらしい。。。
それから先はまずはカラオケへ・・・
2時間歌って距離もだんだんと近づいてきたところを見計らって、その後は・・・
ムフッフッ((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ 想像にお任せします。。。
4○はまだまだおこちゃまの自分たちにはちと早かったので、
ちゃんと別々の部屋に入りましたょ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

[追記]
投稿は平成16年の7月で二回に分割されていましたので編集しました。
この体験談にあるように朝方にテレクラで遊べたのは条例が改正される前です。
現在は24時から明け方までテレクラの利用はできません。
テレクラ・ラスベガス、テレクラ・アクティブラインでは深夜のサービスとして
テレクラが使えない時間にビデオルームオールナイトコースを用意しています。
2ショットカードも使えるので大変お得です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 出会いサイト体験談 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
最近のテレクラ

2005-04-29 21:04
投稿:年上好きな男様
つい最近テレクラを利用したときの話です。
水曜日午後1時夏休みに入ったせいか(投稿日H16の7月)
ここ最近はイタズラが多くてまいります。
その日も相変わらず男が出たり無言だったり、年齢を言うとガチャ切り
されたりの連続でした。
(分かっていながらもついつい早取りしてしまうんですが・・・)

そんな中33歳の主婦とつながりました。
彼女は街中で携帯から掛けてるらしく車の音とか聞こえました。
これはかなりアツイコールと確信した私は、はやる気持ちを抑え
冷静に話を進めて行きました。
が、しかし彼女は街中にもかかわらずいきなりテレエッチに入ってしまい、
廻りを歩いてる人の声が聞こえるのに「アンッアンッ」と大きな声で
悶えはじめました。

私はついつい受話器を置いてしまいました。

そうこうしているうちに白島に住む35歳のこれまた主婦とつながりました。
「もしもし」
主婦「・・・」
又イタズラかよと思った瞬間
「も、もしもし」
彼女はテレクラに電話するのは初めてらしくかなり緊張していました。
一通り世間話をしたあと私は「今から会えます?」と聞いてみました。
すると彼女は「やっぱり怖いし緊張するからダメ」でした。
そこで私は「じゃあ会わなくていいから話だけしましょう」と言うと
彼女は喜んだ様子で「ありがとう」と言ってました。
それからたわいもない話を10分程したところで今度は彼女の方から
「今から会える?」と聞いてきました。
私は爆発しそうな喜びを隠しながら冷静に待ち合わせ場所を決めていきました。
結局、2時に白島のサンデーサンの駐車場ということになりました。
私は急いで店を出て待ち合わせ場所に向かいました。

2時50分サンデーサン着。
そこにはすでに、ケバくも無く、ぽっちゃりでもないホントッ普通の
主婦がいました。
彼女はかなり照れてる様子でうつむいたままでしたが、
約束どおりサンデーサンに入りました。
彼女は徐々に緊張がほぐれているようで、色々と話をしました。
夫婦生活はなんの問題も無く上手くいっているが、今日は
ついつい電話したそうだ。
30分くらい話をした後店を出ました。
彼女は何も言わず私の車の助手席に乗ってきました。
久しぶりに体験したテレクラ慣れしていない女性との出会いでした。
別窓 | テレクラ体験談 | トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
ぱいずり

2005-04-28 19:03
投稿:ループ様
出会い系サイトを利用し始めて半年のループといいます。
先日SNAPSNAPで初めてアポを取る事が出来ました。
まぁ面白くは無いと思いますが書きます。

家でボーとしてるときに何となくサイトをのぞいて見ると
そこに安佐北区在住だという女の子の書き込みがありました。
私も安佐北区在住なので何気に返信してみました。
15分位して返事が来ました。
で何回かやり取りしていると直メールをしようと言う事になり、
直メでまた何回かやり取りをしました。
掲示板では安佐北区在住とかいてあったのですが、
どうも安佐南区在住だったみたいです。
知人とかにあったらヤバイカラとかなんとかいってました。
(あんま変わらないと思うんですがネ)

樹里ちゃんは安佐南区在住、どっかの調理師をしていて
ちょっとぽっちゃり、Eカップ、彼氏無し、時間アリ。
(;・∀・)・・・・・・・・
危険か。。。。とは思ったのですが、こちらも時間あまりまくりで
ヒマなのでとりあえずアポを取ろうと試みました。
友達と一緒ならOK。との返事が返って来ました。
(;・∀・)・・・・・・・・
さらに危険な香。。。

その後、なぜ友達と一緒でなきゃダメなんだ?君だけに会いたいのに。
そんなに危ない男に感じたの?
などの訳のわからないメールを
繰り返していると、ごねていた樹里ちゃんの台詞が「一人で行く。」
と変化しました。

ちょっと危険な香りがするんで躊躇ったのですが、
やばければ速効離脱すればいいか、とアポ場所へお出かけしました。
・・・・ツクツクツクテンテン・・・・・
アポ場所につくと樹里ちゃん先に着てました。
「でかい!」?( ̄□ ̄;)私の2倍はあろうかという巨体です。
100メーター離れてても確認出来そうなほど。
捕まったら逃げれそうに有りません。
普通 ⇒ はい、逃げる体制を整へましょう?。GO HOME?
私  ⇒ 行きました。
そのときの私はおっぱいしか目に入ってませんでした。
だってでかいんですもん、おっぱい。Eカップ以上は余裕であります。
ぱいずり絶対出来ますサイズです。
「こんばんわ? 樹里ちゃん?さ、乗って」

その時から顔、体は見ていません。おっぱいのみに集中です。
別に緊張するお相手でもなかったんでホテル直行でも良かったんですが、
そんなことをする度胸は持ち合わせてないヘタレの私ですので
まずドライブに行きました。
ある港に車を止め普通の会話そっちのけで、
おっぱいでかいねぇ何カップ?などとおっぱいの話題を振り撒きました。
持ち合わせのバイブを使っておっぱいに悪戯を仕掛け、
ノッテ来たところでフェラさせました。

そのまま近くのホテルに雪崩れ込み、樹里ちゃんに先に風呂入らせました。
ホテルに来た理由は一発やるためと言うわけではなく、パイズリを経験する為!
あの巨大なおっぱいでパイズリするためです。

それだけ。
風呂から上がった樹里ちゃんに仰向けに寝てもらい、パイズリ。
で今度は私が仰向けになって、パイズリ。
お次は立ったままパイズリ。
思いつく限りの体勢でパイズリを堪能しました。
最後は口出しだったかな?良く覚えてないです。


しかし、おっぱいでかいってイイですね。
あの包み込むような気持ちよさは。
マシュマロとはまた違った柔らかさがありフェラのような温もりもあり
ずっとして貰いたいような感覚でした。
帰りになんか彼氏になってくれとかなんとか言ってきましたが、
うんうんと適当な返事で答えて帰宅してきました。

とこんな感じでした。
面白くない話しですみません。
別窓 | 出会いサイト体験談 | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
トラックバックを考えてみたり

2005-04-27 23:24
同じブログから大量のスパムTB(トラックバック)が
送られているみたいですねー
記事の修正や連投で無意識に送られたならしょうがないですが
どうやら意図的にスパム送信しているみたいです。
うちはこまめにチェックして重複しているようなTBは削除してますが
一般の方には本当に迷惑な行為だと思います。
家に帰ってブログを開くとTBが得体の知れないアダルトブログで
埋め尽くされていたら気分悪いですよね。
さて、このような迷惑トラックバックへの対処ですが
次のような対応を考えてみました。

1)自分でできる範囲で遮断する
 アダルトでないブログを書かれている方は
 閲覧される方も不愉快になりますので
 アダルト宣伝の為に送られてくるTBは遮断すべきです。

 FC2ブログの管理機能には"禁止設定"があります。
 アクセス遮断はちょっと説明が長くなるので省略しますが
 IP等の設定がわからない場合は禁止ワードに
 迷惑TBを送ってきたブログのタイトルへ
 含まれる文字を設定するとTBを遮断できます。
 FC2の場合(管理者ページ→環境設定の変更→禁止設定→禁止ワード)
 例えば「ウホッ!いいブログ!ホェホェぽこてぃんこ祭り」
 というタイトルのブログからのTBを遮断したければ
 "ぽこてぃんこ祭り"を禁止ワードに設定します。

 あまり一般的な言葉や短い言葉を禁止ワードにすると
 普通に送られたTBまで遮断してしまいますので
 特長的な言葉で指定しましょう。

2)ブログの運営元に通報する。
 基本的に無料レンタルのブログはあまり対処してくれないようです。
 対処してくれても遅かったりします。
 有料で利用されている場合は無料よりも対応が丁寧なので
 なにがしか対処してくれるかもしれません。
 スパムTBを送っているブログの運営に苦情を出すのも有効ですが
 スパムを送るようなところはブログを削除されても
 再びブログを作り直してくるのでやはりアクセス遮断か
 TB遮断で対抗する方がいいでしょう。

3)逆に利用する
 アファリエイトを貼られている方には有効です。
 TBを送り返して逆に宣伝に利用します。
 スパムTBを送っているブログは見方を変えるとアクセス数が
 非常に高い可能性がありますので自分のブログへ誘導する為に
 TBを送れば宣伝効果も高いはずです。
 意味の無いTBはマナー違反なのですが"目には目を"という事で。
 ただしTBを送る相手はスパムを送るようなところですので
 ブログ訪問者はそのブログに対して悪いイメージを持って訪れています。
 TBを送る事で宣伝になりますが自分のブログも
 悪いイメージで捉えられるかもしれませんので注意しましょう。


 スパムはブログに始まった事ではなくスパムメール、
 ダイレクトメールと無差別に宣伝ができそうなところには
 常に存在してきました。
 広告としてのスパムは撲滅できないかもしれません。

 つまらない相手にストレスを溜めるのも精神的によくありませんので
 スパムTBは削除して適当にあしらいましょう。

追記:
よく考えたらTBのリストを貯めておいて送ってくるのであれば
アクセスすらしてない(ブログを読まずにTBだけ送っている)
という事もあるかもしれませんねぇ
これだと相手はアクセス解析に引っかからないのかな・・・?

TB遮断する"しかない"のかもしれません。
萎え?(´・ω・`)
別窓 | 編集日誌 | トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
有る日

2005-04-26 23:36
投稿:CAT DOG様
テレクラでの記憶に残る出会いはいくつかあるが
その中のひとつに由佳との出会いがある。
いつもどおり女性とのアポを取った。
普通有るであろうかけひきとかそんなものは全く無く、
あっけないほどスムーズなアポだった。

30分後、指定された場所について待っていると
目の前の一軒家から由佳が出てきた。
すぐに私の車に乗り込むと(こんばんわ)と一言だけ言い下を向いていた。
二十歳前後で身長は150前後、色白で可愛らしい感じの子。
ただ活発といった感じではなかった。
とりあえず映画でも観に行こうかと市内に向けて走り出した。

5分くらい経っただろうか。
ふと由佳の方をみると、相変わらず下を向いていたが、
どうも泣いているようだった。
(どうしたの?気分でも悪い?)
由佳(ううん、嬉しくって・・)
うれしい?その時、私にはなんのことかわからなかった。

しばらくして市内の映画館に着いた。
コインパーキングに車を止め、映画館までを二人で歩いた。
さっきまで泣いていたのがうそのように由佳が笑顔で喋りかけてきた。
由佳(なに観ようか。私 恋愛物がいいな。)
(なんでもいいよ。すきなの選びな。)
由佳(うん。私これがいい。これ見よ。)
由佳が選んだ映画はその時はやっていたバリバリの恋愛物だった。
私はあまり見たくも無かったが笑顔でOKした。
案の定 私は退屈だったが、由佳は食いいるように見ていた。
感動のシーンだろうと思われるところではボロボロと泣いていた。
ほんとよく泣く子だった。

2時間程度で映画はおわり、その後軽く食事をしてから車を出した。
私は「夜景が綺麗なところがあるから」 とか何とか言って
いつものドライブコースへ走り始めた。
そのドライブコースはものすごい田舎で、トーゼンの如くあれがある。
ラブホテルだ。
日頃はまじめで通している私だが、下心はある。
由佳をラブホテルへ誘った。
最初、戸惑っていたようだったが、ゆっくりと首を縦にふった。
ホテルに入ってからすぐに由佳の唇に優しくキスをした。
慣れていない様子だった。
すること済まし、暫く2人で体を寄せ合っていた時、 耳元で由佳が言った。
由佳(ありがとう。ほんと貴方に会ってよかった)
(ん?)
突然の由佳の言葉に私は返す言葉が見つからなかった。
いままで数多くの女性と一夜限りの夜を過ごしてきたが
こんな台詞を言われたのは初めてだったからだ。
私も仕事があるので泊まるというわけにはいかない。
ちょっと飛ばし気味で由佳の家まで向かっていた時、
小さな声で由佳が話し掛けてきた。
由佳(また会えるかな?)
(時間があえばね。)
由佳(そっか。私の家の番号教えるからあなたの番号も教えてくれる?)
悪戯をするといった子でも無いだろうとメモに書いた私の番号を教えた。

家の前まで着くと由佳は走って家に入っていった。
次の日由佳から携帯へ電話があった。
電話での由佳の声はすごく弱々しい感じだった。
体の具合でも悪いのかと尋ねると、少し間をあけて由佳が話し始めた。

由佳(あのね・・・・)
由佳は生まれた時から血液の病気を患っているらしく、子供の時から自宅で
寝たきりに近い生活を送っており、学校にもほとんど通う事が出来なかったらしい。
私と会った日はたまたま両親が外出しており、体調も今までに無く
良かったのだがその反動で今日は喋るのもきついと言っていた。
この病気にかかっている人はそんなに長くも生きられないんだとも言っていた。
私の小学校時代の友人にも由佳と同じく血液の病気を患っていた友達がいたので
毎日をどんな感じで過ごしているのか大体の察しはついた。
昨日の夜の事をふり返るかのように事細かく話していた由佳だが
しばらくして喋るのが限界になったらしく、言葉が減っていった。
体調もよくない事だし、ゆっくり休みなよいうことで電話を切ろうとした時
由佳が最後に一言「凄く楽しかったよ」といって電話を切った。

その後、何回か電話で話しをしたが、有る日を境にパタっと電話が無くなった。
こちらから掛けても繋がらなくなった。
理由はわからない。
今どうしているのだろう。
もう数年前の話しだが今でもあの電話での最後の言葉が胸にずっと残っている。
別窓 | テレクラ体験談 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
トラックバックありがとうございます

2005-04-25 14:29
トラックバック頂いた皆様、誠にありがとうございます。
当ブログは主に宣伝目的で書いてますのでブログを開いて頂き、
トラックバックまで頂けるのですからありがたい限りです。

私は宣伝目的でやたらとトラックバックを送る行為を
マナー違反と思ってますので一般の方のブログへは
トラックバックを送っていないのですが
宣伝(のみが)目的と思われるトラックバックがやってきた時は
躊躇せずトラックバックを送り返してます。
アダルトブログを書かれている方はアファリエイトでの利用が
多いみたいですので相互トラックバックはお互いメリットがありますし
お互い宣伝という事でご了承ください。
又、申し訳ないのですがトラックバックを頂いても
同じブログから数回トラックバックを送られていた場合や
他からのトラックバックが非表示になってたり
トラックバック元がすでに閉鎖されていた場合は
トラックバックを削除しています。

宣伝は適度にしないと逆効果ですよ。

上記以外では基本的に削除しておりませんが
トラックバックのリンク先は当方で関知しておりませんので
リンク先を訪問される方は注意してくださいね。


しかし、宣伝用ブログを書かれている方の
トラックバックの送り方はすごいですねー
連続で何件も入ってたりします。
好意的に考えると記事を再編集する際にトラックバックを
貼りなおすとトラックバックが連続で送られるみたいですので
意図せずにトラックバックが重複してるのかもしれませんね。

ブログを書いた後で編集される方はご注意ください。
悪意がないのにマナー違反と思われちゃいますよ。


アダルト色の強いブログを書かれている方は
宣伝トラックバックにうんざりする事があるかもしれませんが
トラックバックの本来の機能はコミュニティを広げる
すばらしい物だと思います。
マナーの悪い業者もいますが楽しんでブログを書いてきましょう!
別窓 | 編集日誌 | トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
伝言で初GET。青姦編

2005-04-23 18:07
投稿:なべ屋のやかん様

伝言で初GETできたので投稿させてもらいます。
2?3日前にアルファの伝言で募集を入れておいたんですが
1件だけ返事がありました。

その女性は五日市の周辺すんでるという30代前半の人妻さんで、
子供が2人、旦那は普通のサラリーマン。ほんと普通です。
別にお金が欲しいと言うわけでも無いみたいなので
伝言でこっちの携帯番号を教えご飯だけでもということで
会う事になりました。

待ち合わせに指定された五日市駅の前で10分くらい待っていると
公衆電話からの着信があり電話に出るとその人妻で、
あとちょっとで着きます。ということでその電話はすぐ切れた。

もう10分くらいたった頃、もういっかい電話がかかってきて
駅の改札口のところに呼ばれ、指定された場所にいくと
そこには細身でスラットした女性が立っていました。

声を掛けるとちょっと恥ずかしそうに下を向いていましたが
手を引っ張って歩き出そうとすると素直に着いてきました。
決してスタイルが良いわけでは無いけど、
ふんわかとした感じの人妻さんでした。

ご飯だけと言う約束で連れ出したんですが、
ご飯だけで終わる気なんか最初っからありませんので、
ご飯の後は少々強引に誘ってみました。
少しは抵抗するだろうと思っていたんですが、すんなりOK。
しかし20:00には家に着かなければならないと言う事なので、
時間は気おつけて欲しいと言う事でした。

タクシーで比治山にでもいこうかと考えたんですが
明らかに時間が足りそうになかったので(その時19:00)
青姦しました。はい。

青姦といっても野っ原で大胆にしたのではなく、
ビルとビルの間の隠れたところでハメました。
2人とも上は服を着たままで下だけ脱いでといった格好で、
この最近の暑さで汗だくでしたが、じっくり堪能させてもらいました。
ただマ○コに香水をつけてきていたらしく
その匂いが愛液と汗と先走り汁と合体し
異様な匂いを放っていました。
別窓 | 2ショットテレコミ体験談 | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
年上過ぎる人

2005-04-22 13:26
投稿:マダムキラー様

2番GET!!
使ったカード:アルファコール
利用時間帯:19:00頃
待ち合わせ:東急インの玄関
利用ホテル:パテオ

先日、アルファコールで年上の女性と会いました。
私は20代前半。お相手は40代後半。汗

40代と最初から聞いていたならご遠慮させて貰ってたのですが、
電話では30代前半と言ってたので行ってしましいました。
ホテル代も代も全て向こうが出してくれると言ったので
とりあえず飯を食いに行き、手を引っ張られてホテルへ入りました。

まぁ声は綺麗で見た目もそれほどヤバくはなかったのですが
乳はめちゃ垂れでした。笑

しかし!! そのおばちゃん(いやっ 失礼・・)その女性は超が付く【名器】でした。
俗に言う【三段締め】が出来るあそこだったんです。
挿入してから奥から順に締めて行ってもらったんですがすごいですね。

なんか生き物がはいっているみたいでした。笑

今までも数の子天井とかミミズ千匹などといった人にも出会ったことありますが
一番インパクトがありました。
それからしばらく名器を堪能させてもらい、(顔は見ずに。。爆)
女性が喜ぶ体位とかなんとかいろいろ教えて貰っちゃいました。

出会い的には外れの部類にはいると思うのですが
個人的にはイイ経験をさせてもらいました。
別窓 | 2ショットテレコミ体験談 | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
昔話

2005-04-21 23:14
投稿:taiyo様

僭越ながら一番手いかせて頂きます。ペコリ

今から5年位前の話ですが、その当時20代前半だった私は毎日のように ラスベガスに通ってました。
アクティブラインにもタマ?に行ってましたが、電話のフックのタイミングが
ラスベガスとは違っていて慣れるまで取りにくかったですね。
(分かる人にはわかると思います)

で、その日の夜もラスベガスでせっせと電話を取っていました。
いくつかの電話をとった後ある女性につながりました。
(名前ははっきりと覚えてないのでA子としておきます)
たわいもない話を暫くした後、メールアドレスと電話番号の交換という事になりました。

口で聞くと間違えたり、騙されたりするのでまず私の電話番号を教えA子に掛けてもらいました。
で数日の間に何回かメール・電話のやりとりをした後に面接となりました。
待ち合わせした時間は夜中の11時くらいだったと思います。
可部の方の団地の下で車を止めてちょっと待っていると団地の上の方からA子が下りて来ました。

電話で聞いていたとおり体型は普通で顔は誰かに似ていると言うわけではないが
可愛らしい顔をしてました。
電話とメールで何回かやり取りをしていたので、初めて会ったわりにはスムーズに会話が進みました。
とりあえずドライブと言う事になり、いつもどおり私のテリトリーである大竹方面に向かいました。
(イキツケのホテルがあるだけなんですが)
ブブ?ンといろいろ走り回り、会話も無くなり始めた頃川沿いの土手に車を止めました。

ふとA子の方を向き【さて、これからどうしよう?】と尋ねると、
いきなり【もういいから!早く!】と 抱きついてきました。
意表を突かれたというか先手を取られたというかw
で、普通ならイタダキマス!ということになると思うのですが
その頃の私はまだ純粋・・・だったというか なんというか
【今日はHとかそういうんじゃなくてね、それに会ったばっかりだからもっとお互いの事わかってからしよう】
と言って宥めてました。

アホですね。

なんで速攻イタダキマスしなかったのかが不思議です。 で、その日はそのまま家の近くまで送っていってバイバイとなりました。
初面接の時にがっつかなかったのがよかったのかどうなのかはわかりませんが、
一回で終りと言うわけで無く、それからもメール・電話とやり取りを繰り返しました。

1週間後には再度会う機会がありその時にはたっぷりと頂きました。
羽衣町にあるバナナというホテルだったと思います。
ほんとうに溜まっていたらしく外見からは想像も出来ない程大胆でした。
エロオーラとでもいいましょうか、体中からなんか出てました、笑

その日はお泊りして、次の日の朝はふらふらのA子を専門学校まで送り届けました。
校門まで。。

こんな感じです?。

うーん懐かしい、、書いてて思い出しちゃいました。
また機会があったら投稿させてもらいます。

別窓 | テレクラ体験談 | トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
| 素人投稿えっち体験談 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。